タグ別アーカイブ: 運命的な出会い

ドラマや映画でありきたりな設定

よくテレビや映画である設定なのですが、道端で落し物をして通りすがりの見ず知らずの人が拾ってくれる出会い方です。
その後に何処かで再開する機会があり些細な事なのに自分の事を覚えていてくれる。
そしてそこから会話するようになって連絡先を交換して二人きりのデートなんて夢みたいな出会い方に憧れてしまいます。
意外と身近にこういう出会いってありそうでないです。
物を落として見ず知らずの人に拾ってくれた事ならあるのですが、そこからまた出会うことはなかったです。
お互いが気づかないだけですれ違っているのかもしれませんが。
すこし違う出会い方なのですが知り合いの友達と顔見知りになる機会があったのですが連絡先を交換しない中街中で再び出会うことがありました。
そこから二人で遊ぶこともありましたが意見の不一致から連絡を取る事もなく一年が過ぎ去った頃また偶然再会したのです。
都心という大きな都市で多くの人達が行き交う中です。ばったり二度も遭遇するって運命的なものを感じてしまいます。
中々知らない人同士が偶然出会うって難しいとも思われますがそんな偶然な運命的な出会いがあったらいいなと思います。

学生時代のさわやかな出会い

私が理想に思う出会いは、学生時代のドキドキするような運命的な出会いです。
社会人になってから合コンなどで出会うのも一つの手段ですが、やはり少女マンガのように素敵な出会いが良いです。

例えば…
自分は高校生や大学生の設定で、読書や勉強をするために近所の図書館へ頻繁に通っています。
ある日、いつものように本を選んでいると、ちょっと気になる男の人を発見します。
次に図書館へいくときも、「今日もあの人は来ているかな…」と少し気になるようになります。
そして、それ以降も何回か図書館で彼を見かけるようになります。
時には彼が手にとっていた本を自分もこっそり読んでみたり…。彼のことがますます気になって、図書館へ行く目的も徐々に変わっていきます。
そんな中、自分の通っている学校内を歩いていると、なんと図書館で見るあの彼が!!自分と同じ学校の生徒だったのです…。

こんな感じの、学生時代のさわやかでどこか運命的な出会いがとても理想的です。