タグ別アーカイブ: 変わらずに付き合いをつづける

行動にでてくる最後にはでてくる素の自分

付き合い始めて間もない頃、電話で連絡を取り合うのが当たり前でした。
もちろん、こちら側から電話をかけたり、恋人から電話をもらったりすることも頻繁にありました。
言葉づかいもどこか恥じらいを持って、お互いに「好き」という言葉を表現しながら、電話の締めくくりやメールの最後に添えたものでした。
よく「好きすぎてたまらない」「何があっても相手の事ばかり考えてしまう」という時期がありますが、最初の3カ月~半年にかけては
そのようなやり取りをすることができました。どちらかというと、友人との時間も大切だけれども、お互いに一緒にいる時間を多くとっていました。
たとえば、買い物や映画、ライブに行くのも一緒でした。

しかし、時が経つにつれてそれも変わってきました。
内容は変わらないものの、現在では、電話連絡もメールの頻度も極端に減り、恋人は友達を優先し始めました。
仕事があるとき以外は、先に友達との計画を入れ、空いているときに私と会うというようなスタンスに変わりました。
今考えれば、付き合う前に、もともと友達も多いせいか誘いを断り続けるのも嫌だったのだと思います。
私も私で、仕事が忙しい時もあり、そちらを優先することもあります。もちろん、恋人と計画が合わない時には
友人と会うこともし始めました。

また、「恋人に理想の価値観を求める傾向」も見え始めてきました。
はじめは服装や髪形についてはそれほどコメントがなかったのですが、どんどん自分が理想とする芸能人について
研究し、私にアドバイスをすることが多くなってきました。私にセンスがないと言われればそれまでですが…。

はじめは繕っていても、もともとの素の部分がやはりでてくるのだなと思います。

そのような中でも、まだ続いているのは、相手を思っていれば、どちらか相手の行動が変わった時に、それに対応していくことができると思うからです。
このまま、お互いに変化が続いても変わらずに付き合いをつづけていければと思います。