現実は厳しいもので。

現実は厳しいもので、ドラマのような出会いの経験はまだありません。
独身の今も憧れていないと言ったら嘘になります。
とはいえ、最近恋愛ドラマ自体を見ていません。
なぜか、興味がないのです。
余談はこれくらいにして、
私は相手の強引さに負けて好みでない人といつも付き合う羽目になってしまいます。
だから、現実は厳しいけれどもドラマのような恋愛を経験してみたいです。
出来れば自然に引き寄せられる形を希望したいですね。
ひょんなことから出会い、偶然を繰り返して、結ばれるといった形です。
まさに運命の赤い糸といった感じですね。
私と息がぴったり合う男の人がどうか現れますように。
もし、ドラマのような出会いがあるかないかと言ったら、ケースバイケースですね。
夢は見ていたいものの、現実はなかなかという感じですから。
私もパッと見で好みのタイプはいるけれども、告白する勇気が出ません。
相手から告白してほしい気持ちが強いけれど、待っていてもなかなかです。
本当にドラマのような恋愛は現実には難しいです。

加古川花火大会に行って来ました。

昨日、兵庫県加古川市で開催の「加古川花火大会」に友達と行って来ましたが、友達を迎えに行く時間に電話連絡しても全く出なく合計20回しましたがやっぱり出なく、結局直接家に迎えに行ってインターホンを鳴らしたら、父親が出て来たので友達の名前を言って部屋に呼びに行って貰いました。
多分1?2分程待ってたと思います。
玄関の扉が開いて出て来たのは、寝癖頭の今にも起きました的な感じの友達でした。
どの位で準備出来る?と聞いたら10分と言ったので車で待ってましたら、本当に10分で友達がラフな格好で出て来ました。
それにはちょっと驚きましたけど、その後の事の方が驚きました。
約束してた花火大会に行くと言う事を忘れてたのです。
そういえば…みたいな感じで言われたので「辞めとく?」って聞いたら「行く!」って言ったので「いざ、加古川へ!」的な感じで向かいました。
ですが、外は雨が降ってましたので本当に開催するのか気になり何度も問い合わせ先に連絡をして確認をしようとしてましたが繋がらず、でも、行ってみたら雨が降ってないかもしれないと思い向かいました。
すると、加古川に入るまでは雨がザーザー降りだったのに、加古川に入るとほとんど降ってませんでした。
行ってみて良かったです。
それに、1年越しの花火はやっぱり綺麗でした。

時間が経てば経つほど

私たち夫婦知り合って結婚に至るまで2ヶ月も費やしていません。
今思い出してもどうやって結婚までに至ったのだろうか?と他人事のように思えるくらいです(笑)今結婚8年ですが、いろんな事を今頃知るって事も有るくらいです。
私は去年菌に侵され体内に回り10日間の危篤状態を経た後に左足切断の障害を得るまでだったのですが、命は取り留めました。
私は障害を負っていろいろ不便な事沢山出だしたのですが、以前にも増して妻は私に優しく思いやり深く接してくれます。
その妻は現在転移性癌で闘病中ですずっと入院中で私は自宅で障害負って不自由なのですが、自分の身の回りの事自分でしてます妻の見舞いに毎日ずっと病院に行ってます。
こんなに妻を愛おしく思った事は無いくらい愛おしいんです。
妻も私もお互いを尊重しお互いを必要としこれほどまでに結婚して以来気持ちが高まってら事はあるかな?って思えるほどです。
私たち夫婦はそれぞれに病気、障害と闘ってる状態ですが、とても幸福なのです。

見た目と中身のギャップ

彼氏と出会って感じた第一印象は、まさにチャラいの一言でした。
出会った時の彼は髪の色が明るくてずっとヘラヘラ笑っていて服装もそれなりに気を遣い、かなり女の子慣れしているように見えました。
典型的なチャラ男なんじゃないかなという警戒心がありました。

話をしてみると、彼女が出来たことがないと言う。
お姉さんと妹さんがいるので、女の子と話すのは慣れていることがわかり、話をするうちに少しずつ印象が変わっていきました。

髪を明るくしていたのは、社会人になるまでに一度明るくしてみたかったとのこと。
蛍光オレンジに近い色で、この髪色を経験してみたかったっていうのは好奇心が旺盛な人なんだなと面白い一面も見れました。

人は見た目で判断しちゃいけないってよく言うけど、ここまで印象が変わるものなのかと驚きました。
人間観察が好きな私にとって、こんなに印象が変わる人は面白いなと思い付き合い始めました。

最初はチャラいと思っていた彼でしたが、浮気も無く一途に愛情を向けてくれています。

反面教師との出会いと自分の将来 他人よりも自分

人間一生の中でいろいろな人と付き合うことになると思います。
私の場合は自分でいうのもなんですがあまり人との出会いに恵まれているとは言い切れません。
自分の可能性を広げてくれたり才能を伸ばしてくれたり。
プラスになって将来に明るい光をもたらしてくれるような存在は皆無と言ってもいいでしょう。
そんな貧しい人との関係の中でも得るものがありました。

例えば学校で、授業も受けず勉強せず特に何をするでもなくたむろしてふざけ合うだけの人々。
彼らの将来は見えているものがその当時の私の人生にとって影響をしました。
彼らと同じ方向へ進んでも苦労人生が待っているだけ。
そんな出会いはまだあります。
アルバイトをしていた時のこと。
そうした会社では、中小企業のやさぐれた雰囲気が蔓延しており腐敗した会社に人生を投げているような人々の集まり。
彼らとの出会いも自分にとっては反面教師になったといえます。
正直なところ、ロクな人がいないのですがそれが私の人生なのかもしれないと、運命的に人に恵まれないのだと確信しました。

他人に頼っても無駄だということ。
誰かに依存して、会社に依存しても将来は不確定なものですから自分の行動が全てです。
自分にとって進むべき方向を見定めて歩んでいくことの大切さをその時理解したのです。
それからというもの、自分の先々について真剣に考えるようになりました。
仕事や収入面で見つめなおしてもっと最良の選択があるのか。
社会の底辺に存在する人々と同じようにして生活ができないなら居場所を確保しなければならないと強く認識し、現在も行動するだけです。

兄弟の友達に好かれる幸せ

弟は歳が離れて産まれ、おうちでも可愛がって育ちました。
そんな弟の友達と恋に落ちるとは思ってもみなかった。
弟と私はとても仲が良く、その中にいつもいたのが弟の友達。
ずっと一緒にいたから彼もまた弟のような存在でした。
変化があったのは彼が高校2年生の時。
背も伸びて男らしくなってきた彼はクラスの女の子からもモテモテでしたが彼女を作る様子は無く、突然の告白で彼の気持ちを知りました。
でも私は弟のような高校生の彼と付き合う事は考えられませんでした。
付き合えない事を伝えてからは、うちに来ることも減り会話など全くしなくなっていました。
そんなある日、買い物でアクセサリーを見ている私と同じ店に彼と女の子達が入ってきました。
とても懐かしかったけど、声なんかかけることは出来ずにいると「○○の姉ちゃん!」と彼から声をかけてくれました。
大切な人へのプレゼントを選んでいるとのこと。私の好みじゃダメだからと伝えましたが強い語気にコレかな?と言った指輪を買っていきました。
その後も彼との付き合いは無く弟の卒業祝いに家族で出かけようとしていた時、彼が私の家に来ました。
あの時選んだ指輪を持って高校卒業したから改めて付き合ってほしいと。
こんな純粋な彼が大好きです。

と、弟などいないので全て妄想ですが憧れるー!笑

出会い系でのセフレの探し方・作り方

 私はセフレ探しのアプリを使用してセフレを作った経験がありますのでご紹介します。

 使用したセフレ探しのアプリはポイントを購入して使用するような有料アプリではなく、無料のセフレ探しアプリです。
無料セフレ探しアプリのみでも充分に楽しむことができます。

アプリによってはサクラが存在したり、メールを何度もやり取りしてお金だけを使わせるような悪質なアプリも存在しますが、私の利用しているアプリはそのようなことはありません。

 このようなアプリを利用する中で私が大切にしているのは、いかに早く会うように調整するか、そして単独よりも常に複数の女の子と連絡を取っておくことです。
基本的にHが目的ですので、無駄な世間話は必要ありませんし、可愛い子(Hできるようなルックスの子)が来る保証はありません。
ですので、先ほど大切にしているポイントで挙げた二点は重要になってきます。

 セフレ探しアプリで実際に会い、何人かの女性とHをしてきましたが、平日の狙い目は主婦の方々です。
暇を持て余している方が多いですし、イヤラしく、激しく、そして美しい方が多くいます。
また、若い女性であれば女子大生になります。
色々なことに興味があるので好奇心旺盛でノリが軽い所があります。
今後もこのようなセフレ探しアプリで多くの女性と出会っていければと考えています。

初対面好きになれる出会いが憧れる。

私はまだ一目ぼれという物がないです。
初対面で好きになるという感覚がありません。
もちろんかっこいいなと感じることはあるのですが、好きになれるというのはありません。
話している内にいつも恋に落ちるというのが私のパターンです。
だから、初対面で好きになるという出会い方に憧れます。

少女漫画なんかにはよくありますが、そんなのは幻想なのでしょうか。
初対面ではないのですが実際に周りにそういう出会いをした人を見ていると羨ましく思います。
時間をかけて恋心をはぐくむのももちろん素敵ですし憧れますが、初対面で好きになるというのは本能というか運命的というか、ロマンを感じます。
自分の感覚とは裏腹に好きだと感じる、そんなどうしようもなく好きというのがいいのかな。
相手の事何も知らないのに好きだなんて、というのに憧れます。

顔がいい訳でも、知り合ってすぐだから性格なんて知らない。
そんな状況で好きだと思える、そんな相手が運命を感じてしまう。
そんな出会い方にどうしようもなく憧れます。

こんな出会い方してみたい!

こんなシチュエーションきっと誰もが一度は憧れたことがあると思います。
すっごくベタなんですが、図書館でたまたま取ろうとした本が一緒で手がぶつかっちゃた!という出会い方です(笑)
テレビドラマの見過ぎですかね?(笑)漫画やドラマではよくあるので、なんだか身近に感じちゃってますが・・・。
なんだかロマンチックですごく憧れます。それに図書館ってなんだか知的な感じもするし、良いと思いませんか~?
何万冊もある本の中で、たまたま選んだ本、取ろうとした瞬間が同じだなんて運命感じちゃいますよね!(笑)
いつも図書館に行くと、今日こそは・・・!なんて思ったりするんですが(笑)
もともと図書館ってそんなに人は居ないし、もし近くに人がいたら気づいてぶつからないように気をつけちゃうし、なかなかそんな出会いなんてありそうにないんですよね。だから余計憧れちゃうのかもしれませんね!
でももしそんな出会いがあったら素敵ですよね!毎日図書館に行ってると、可能性もあるのかも!?

ドラマや映画でありきたりな設定

よくテレビや映画である設定なのですが、道端で落し物をして通りすがりの見ず知らずの人が拾ってくれる出会い方です。
その後に何処かで再開する機会があり些細な事なのに自分の事を覚えていてくれる。
そしてそこから会話するようになって連絡先を交換して二人きりのデートなんて夢みたいな出会い方に憧れてしまいます。
意外と身近にこういう出会いってありそうでないです。
物を落として見ず知らずの人に拾ってくれた事ならあるのですが、そこからまた出会うことはなかったです。
お互いが気づかないだけですれ違っているのかもしれませんが。
すこし違う出会い方なのですが知り合いの友達と顔見知りになる機会があったのですが連絡先を交換しない中街中で再び出会うことがありました。
そこから二人で遊ぶこともありましたが意見の不一致から連絡を取る事もなく一年が過ぎ去った頃また偶然再会したのです。
都心という大きな都市で多くの人達が行き交う中です。ばったり二度も遭遇するって運命的なものを感じてしまいます。
中々知らない人同士が偶然出会うって難しいとも思われますがそんな偶然な運命的な出会いがあったらいいなと思います。