もし旦那が過去に出会いアプリを使っていたら・・・

もし旦那が過去に出会いアプリをつかっていたら・・・ちょっといやですが、私達が若い頃の出会いアプリは今のようなキッチリ登録して、身分証明をして!と、言うような硬いものではなく、もっと緩いものだったようにかんじます。
今のSNSの延長のような、下手したら出会いアプリで知り合って会った相手は同じ中学の同級生!なんてこともある時代だったので、もし~どころか多分一回や二回は使ったことがあると思います!飲みに行ってて暇だから誰か暇そうな女の子呼ぶか~位ののりですね。
今のようなコテコテの出会いアプリに登録していたら正直引きますね。
なんかちょっと独特でモテない人が登録しているイメージで、あまり若い人が登録しているイメージがないのでちょっと怖いと思ってしまうのが本音です。
あまり出会いアプリにいいイメージがないからですかね?もちろん過去と言うことで今ではないのでそこまで引きずることはないと思いますが、ちょっと浮気を疑うような怪しい行動をとったらこのことを思い出して更にうたがってしまいそうです。

自分を変えてくれた出会い

自分は初めて付き合った人との出会いが自分を変えてくれたと思っています。
どの出会いも大切でそのたびに変わっているとは思いますが、初めの出会いが一番自分を変えた出会いです。

とても仲が良くいつも一緒にいて、周りからも認知されていて一番仲が良いと言われていたのですが、自分は初めは恋愛をするつもりがなかったのでそれが恋愛の楽しさを教えてくれて、恋愛をするようになったことがまず自分が変わったことの一つです。
友達付き合いとは違ってなんでも信頼して話せるし、関わった期間など関係なしに誰よりも仲良く居られる存在だと思えるほどになっていたからです。

そして、自分と同じ夢を持っている人だったのでいろんなアドバイスをくれて、支えてくれて自分のメンタルの弱さに悩んでいたのを強くならなきゃと思わせてくれたのもその恋人でした。
自分の弱さがきっかけで別れてしまい、しかしその時は自分が頑張ってあらゆる面で強くなった時にまた関わろうと言ってくれた恋人のためにも変わろうと決心させてくれたのが二つ目で一番大きく自分を変えてくれた言葉でした。

学生時代のさわやかな出会い

私が理想に思う出会いは、学生時代のドキドキするような運命的な出会いです。
社会人になってから合コンなどで出会うのも一つの手段ですが、やはり少女マンガのように素敵な出会いが良いです。

例えば…
自分は高校生や大学生の設定で、読書や勉強をするために近所の図書館へ頻繁に通っています。
ある日、いつものように本を選んでいると、ちょっと気になる男の人を発見します。
次に図書館へいくときも、「今日もあの人は来ているかな…」と少し気になるようになります。
そして、それ以降も何回か図書館で彼を見かけるようになります。
時には彼が手にとっていた本を自分もこっそり読んでみたり…。彼のことがますます気になって、図書館へ行く目的も徐々に変わっていきます。
そんな中、自分の通っている学校内を歩いていると、なんと図書館で見るあの彼が!!自分と同じ学校の生徒だったのです…。

こんな感じの、学生時代のさわやかでどこか運命的な出会いがとても理想的です。

さくらと王子様とわたし

わたしが理想とする出会い方(恋愛)は、ある日わたしの理想とするタイプの青年が異国から日本にやって来る。
そして、彼は日本のさくらの季節に、日本の南の方から桜前線と共に北へと旅行をする。
桜は彼の国では見ることができない花で、彼にとって憧れの花。
桜と共に日本各地で日本人の優しさにふれて、彼は心から日本を好きになりに日本人を好きになるのでした。
さくらの季節は、花ちらしの雨が降ることがあります。
雨に降られて困っている彼におばあさんが傘を貸してあげます。
その傘を持って返しに行った家こそわたしの家。
おばあさんと彼が話しているところに、わたしが学校から帰ってきます。
わたしを一目見た彼は、自分の理想の女性であることに気付きます。
わたしも、彼を見て理想の人であったと気付くのでした。
おばあさんは二人の様子に、これは似合いのカップルだと喜びます。
彼はただのさくら好きの旅人ではなく、ある王国の王子様なのでした。
王子様は桜の苗とともに美しい花嫁を連れて王国に帰国するのでした。
めでたし、めでたし。